統一教会の教団概要

統一教会は、正式名称を「世界基督教統一神霊協会」といい、韓国で起こりました。

創始者は、文鮮明。

自称キリスト教団体ですが、既存のキリスト教会は統一教会を一切認めておりません。

文は、1954年ソウルに初めての教会を設立しました。

日本には1956年に宣教師を不法入国させ、伝道活動を行いました。

その結果、多くの信者を獲得することになり、彼らが現在でも活動していることは、周知の通りです。

文鮮明の一家は1970年代にアメリカに移住し、そこでも宣教活動を精力的に行いますが、1984年に文が脱税容疑で
逮捕されます。

前科者になった夫の代わりに、今度は妻の韓鶴子が表舞台に立ち、宣教活動や講演会を世界各地で行うことになります。

こうして文夫妻の精力的な宣教活動により、世界各地に信者を獲得し、また教会も次々に設立されていったのです。

日本では1992年に、女優の桜田淳子や元体操選手の山崎浩子も参加した、3万組が参加した合同結婚式で、
統一教会の名が知られるようになりました。

しかし一方で、霊感商法やマインドコントロールというものが統一教会と紐付けされてクローズアップされるようになり、
更に山崎浩子が教会脱会の記者会見で「マインドコントロールされていた」ということを明らかにし、日本ではカルト宗教
という位置づけで教団の名が定着しています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ