ライフスペースの概要

ライフスペースは、元税理士である高橋弘二が主宰するグループで、1983年に自己啓発セミナーとしてスタートしました。

そのセミナーは、1989年に著書「生きるのがラクになる本」がベストセラーになったことで人気を呼び、多い時で
1万人もの人が参加していたそうです。

しかし、1996年辺りから、その実態がカルト集団的なものに変わっていき、高橋の人格もどんどんカルト的な形相を
帯びていきます。

自分を「グル」「サイババ(インドの有名な霊能者)の後継者」と呼ぶようになり、サイババの知名度に便乗して
メンバー集めに奔走するようになりました。

尚、サイババ氏は、高橋とは全くの無関係で、実際には高橋は後継者指名など受けていません。

このような経緯があり、いつしかライフスペースは、カルト集団として有名になっていました。

また、高橋の言動も「珍言」と呼ぶに相応しく、その発言内容がマスコミを賑わせるようになります。

2000年になると、「成田ミイラ事件」(詳細は後述)と呼ばれる事件を起こします。

これは、重病の男性に「治療」と称する儀式的なものを施した結果、その男性は亡くなり、しかもミイラになるまで放置した
という事件です。

この事件で、高橋とライフスペース関係者数人が逮捕され、高橋は後に懲役7年の判決を受けることになりました。

尚、2009年に高橋は出所しており、現在でもライフスペースの活動は続いています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ