ヘヴンズ・ゲートの集団自殺事件

1997年3月下旬、カリフォルニア州のある豪邸で、39名の遺体が発見されました。

亡くなったのは、カルト集団「ヘヴンズ・ゲート」の信者たちで、死亡者の中には、教祖のマーシャル・アップルホワイトも
含まれていました。

この事件はすぐに集団自殺と断定され、遺体の検死が行われました。

ヘヴンズ・ゲートは、アップルホワイトと元看護師のボニー・ネトルスが創設したカルト宗教で、UFO信仰とキリスト教を
融合させたものでした。

ボニーは1985年にがんにより亡くなり、それ以降はアップルホワイト一人で教団を率います。

アップルホワイトは、人類が救われるためには、肉体を脱して地球から旅立たなければならない、という教えを説いて
いました。

ですから、「自殺=次なる世界への旅立ち」という概念で、決して悲観にくれたものではないとされていました。

全員が確実に旅立てるために、自殺は数グループにわかれ、3月22日~26日にかけて行われました。

最初の自殺グループを次のグループがその後片付けをする、といった具合で、自殺計画を進めたのです。

39名の遺体は、全員寝ている状態で、黒いシャツ、スウェットのパンツ、ナイキを身に着けていたといいます。

死因は、フェノバルビタール(強い沈静作用のある薬)を混ぜたウォッカを飲み、その後ビニール袋をかぶった
ことによる窒息死ということです。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ