MKウルトラ計画の驚くべき実験内容

CIAが、国の名のもとで行った実験は、100件以上もあったといわれています。

CIAが最も力を注いだのは、幻覚剤LSDの研究ですが、そのほかにも、生物学、脳内インプラント、催眠療法、
薬物療法、電気ショックによる実験などが行われていました。

MKウルトラに参加した研究者は、国内外合わせて数百人。

彼らは朝鮮戦争での北朝鮮の洗脳技術や、ソ連の尋問テクニックをベースに研究を行っていたと思われます。

科学者たちは、双方合意の下で互いにLSDを盛って、自ら人体実験を行っていましたが、それだけではデータが足りず、
やがて実験を一般市民にまで広げていきます。

主な対象者は、売春宿で働く女性や顧客、囚人、そして大学生たちでした。

大半は知らぬ間に被験者にされていて、その被験者数は数百万人にも上るといわれています。

実際に精神を破壊された人の数は計り知れません。

実験の被害者の一人となった、カナダのリンダ・マクドナルドさんは、産後うつ状態になり、アラン記念研究所という
ところに入院しました。

そこでは5ヶ月間で109回も電気ショックを受けさせられ、その結果、26歳までの記憶を抹消されました。

マクドナルドさんは、自分が被験者にされたことを知らなかったそうです。

そして、この類の「被験者=被害者」が、ほかにも数多く存在したことは、言うまでもないことです。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ