変性意識の形成 1

変性意識とは、非日常的な意識のことで、現実感を伴わない意識のことをいいます。

私たちは軽い変性意識を持つことは頻繁にあります。

例えば、最後に主人公が死ぬという物語の映画があり、それを見て泣く人がいても不思議ではないでしょう。

映画の中の世界は非現実であり、本当に主人公が死ぬわけではないのに、です。

このように、非現実的世界の中でも、私たちの心は揺れ動きますが、マインドコントロール・洗脳する側は、
この変性意識をもっともっと応用させるテクニックを有していることが大変多くあります。

変性意識をもたらす大きな目的の一つは、潜在意識の書き換えをすることです。

私たちの生活の多くは、潜在意識に基づいています。

例えば、筆者は高所恐怖症ですが、この恐怖症になるには、何らかの理由がありました。

今となってはその理由は覚えていません。

しかし、幼い頃の、高いところでの強烈な経験が、ある種の潜在意識を形成し、自分を縛っていることは
間違いありません。

その結果、現在でも、ジェットコースターに乗ることができず、高層ビルの上方階に長居をすることができません。

絶対に落ちないとわかっているのに、です。

このように、潜在意識が自分の行動を縛るとしたら、潜在意識をマインドコントロール・洗脳する側の都合の
いいものに変えてしまえば、相手を意のままに操れると考えられるでしょう。

そのために、高度なテクニックを利用して、相手の思考を書き換えます。

変性意識の形成 2

人が第三者の変性意識をどのように変えるのかというと、それには様々な方法があり、また様々なテクニックが
必要になります。

人の人格そのものを変えてしまうわけですから、そのテクニック習得は、容易なことではありません。

変性意識の形成に使われるテクニックで最も一般的なものは、麻薬などの違法薬物や、催眠術です。

例えばLSDと呼ばれる幻覚剤は、人間の感覚を超人的なものにする効果が絶大で、オウム真理教が儀式に使用して
いたことでも有名です。

その効果の現れ方には、

・宇宙との一体感
・時空間の拡張した感覚
・万能感

などがあり、変性意識をもたらす過程、主に変革期(マインドコントロール・洗脳のステップ参照)にLSDによる
体験をすると、その影響は絶大なものになると言われています。

催眠は、私たちが思い描く「寝込む状態」とは違い、暗示にかかりやすい状態のことをいいます。

例えば、電車の中で揺られていると眠くなる人は多いと思いますが、その時の思考の幅は狭くなっており、
自分をコントロールするには不十分といえます。

ですから、潜在意識の赴くままにしか動くことができません。

催眠状態をうまく作り出すことで、変性意識を形成しやすくなるということは、想像に難くないことでしょう。

ほかにも、人が変性意識を形成しやすい状態というものは様々にあり、それらを研究し、マインドコントロール・
洗脳する側は、自分たちの活動に応用させます。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ