霊感商法

霊感商法とは、「霊能者」「占い師」といった霊感の強い人間を装い、人に接触し、法外な値段のものを
売りつける詐欺行為のことです。

まず、自称・霊能者Aがいるとして、Aは親切を装い、ターゲットに近づきます。

そこで「あなたは悪霊が宿っている」「あなたの祖先が苦しんでいる」など、とマイナスで悲観的に取れる話をして
ターゲットに恐怖心を抱かせ、「この壺を持っていれば大丈夫」「これを持っていれば運気がアップする」という
きっかけを作り、物を売り込みます。

法の華三法行では、これを足裏診断で行い、また神世界では「ヒーリングサロン」と呼ばれる場所を設け、
そこで宗教行為とは関係ないとしながらも、理由をつけて物を売りつけていたケースがあります。

神世界が行った詐欺行為も、霊感商法に相当することになるでしょう。

そして裏を返せば、霊能者というものはおらず、相手の心理を掴み、物を売り込むコツが完全にマニュアル化
されていることが明らかになります。

韓国の統一教会では、教会系列の美術品を扱う会社で売れ行き不振に陥っていた壺を、霊感商法で売りつけることに
成功し、法の華三法行では教祖の手形色紙、神世界では「神水」と呼ばれる水や「お清め塩」と呼ばれる塩を多くの
信者に売りつけて、荒稼ぎをしていました。

そのほか、それぞれの宗教が独自に商品を作り、巧妙な話術で売りさばいています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ