パトリシア・ハースト事件が意味するもの

パトリシア・ハーストの事件は、「洗脳」から派生した「マインド・コントロール」がいち早くクローズアップされる
きっかけになりました。

それまでは、他人を従順にするために、過剰の薬物投与や電気ショック、拷問などの手荒な手段を講じていましたが、
パトリシアの場合は、少し違うようなのです。

勿論、全く暴力的な側面がなかったのではありません。

しかし、彼女の証言から、その従順さを形成する過程で、もっと心理的な誘導に基づく部分が大きかったのではないか、
という推測がされたのです。

それは、今までにはない洗脳方法でした。

しかも、彼女を見る限り、短期間でしっかりとマインドコントロールをする側の意図する効果を上げています。

この事件は、当時大きく報じられましたが、その大きな報道の裏には、アメリカの洗脳技術における転換期に起きた
象徴的出来事である、という面があったのではないかと思われます。

パトリシアは、誘拐された直後、監禁状態にありました。

しかし、監禁が解けると、拷問が待ち受けるどころか、むしろ丁寧に扱われたそうです。

そのことが、彼女が彼らに心を許すきっかけになり、また、彼らが同世代の若者だったことで更に同調する条件が
揃ったことなどもあり、洗脳とは違うテクニックで従順さを形成した、と説明されています。

暴力を使わずに相手を服従させたのですから、ある意味で相当鮮烈な出来事であったのかもしれません。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ