テート・ラビアンカ殺人事件の概要 1

テート・ラビアンカ事件は、アメリカで起こった殺人事件のことです。

この事件の首謀者はヒッピー集団のリーダー、チャールズ・マンソンで、彼の率いる「マンソン・ファミリー」によって
引き起こされました。

シャロン・テートは、ポーランド出身の人気映画監督、ロマン・ポランスキーと結婚した人気上昇中の女優でした。

事件が起きた頃、テートはポランスキーの子供を身籠っていて、出産間近に迫っていました。

出産準備に追われ、女優を休業し、この日も元恋人のジェイ・セブリングや、ポランスキーのポーランドからの友達、
フライコウスキーとその恋人アビゲイル・フォルジャーらと共に夜を過ごしていました。

そして、テートら4人と、もう一人の身元不明の男の合計5人の死体が、1969年8月9日の朝、テート家の使用人によって
発見されます。

その殺人行為は目を疑うくらいに残虐で、全員が滅多刺しにされ、ロープで縛られている者もいました。

テートには、16箇所の刺し傷があったといいます。

テートとセブリングはリビングで発見され、すぐそばにフライコウスキーとフォルジャーが死体となって倒れていました。

尚、身元不明の男性は、テート家敷地内にある道路上の車の中から発見され、後にテート家とは無関係のセールスマン、
スティーヴン・ペアレントであることがわかりました。

この時点で、誰が犯人なのかは全くわからず、捜査の長期化も見込まれていました。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ