オウム真理教が用いた洗脳術

オウム真理教が信者を獲得していった背景には、想像を絶する洗脳技術がありました。

その根底にあるものは、MKウルトラで開発された技術です(「MKウルトラ計画」参照)。

麻原は、元医師である信者、林郁夫に命令し、サティアンと呼ばれる教団施設で、次々と洗脳技術を開発していきます。

その一つは、私たちがかつてテレビで多く目にした「ヘッドギア」です。

そのヘッドギアは、「PSI(Perfect Servation Innovation)」という別称があり、麻原の脳波を再現した電流が流れている
とのことでした。

つまり、PSIにより、信者と麻原の精神的一致を試みたものと思われます。

もっとも、このオリジナルはイタリア人医師が考案した「根絶治療」というもので、林の改良は成功した部分がある一方、
失敗した面も多くあったのではないかと言われています。

そのほか、MKウルトラで重視されたLSDの研究は、オウムの中でも行われました。

信者全員が被験者になり得るということもあり、実際にどれだけ多くの信者が被験者として被害に遭ったのか、その数は、
憶測上では物凄い数になるでしょう。

麻原は、教団を守るために、信者の精神破壊を徹底して行いました。

どのカルト集団もやることです。

しかし、サティアンという大きな実験場所を確保したことで、ただのカルト集団のレベル以上のところで、本格的な実験が
行われていたと推測されます。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ