「マインドコントロール」と「洗脳」の定義

私たちは「マインドコントロール」と「洗脳」という言葉を同義語のように扱いがちですが、学問上、
この二つは違う意味を持ちます。

また、「マインドコントロール」の和訳が「洗脳」になるのではなく、「洗脳」を英訳すると、
「ブレイン・ウォッシング(Brain-Washing)」になります。

「マインドコントロール」は、単に人の心を自由自在に操ることができる状態にすることです。

心理学などの技を使い、相手に自分を共感させるように仕向けます。

一方、「洗脳」には、もっと暴力的な要素が加わります。

洗脳する側は、LSDなどの薬物を使うことがあり、また暴力を振うなどして、相手に服従を強要します。

ですから、洗脳されるまでの過程で、犯罪行為に等しいことが多く行われるのです。

しかし、洗脳の方が、そこから脱するまでの過程がまだ楽であるとも言われています。

洗脳の場合は、暴力的な環境から解き放たれれば、そのことだけで心理状態の改善が見込める場合が多い
という説があるのです。

マインドコントロールの場合は、自分の心が他者にコントロールされていたことを受け入れること自体が
非常に困難です。

気持ちの隙間に入り込み、価値観そのものを一度変えてしまったら、元に戻すのは大変な作業になるのは必至です。

一方、洗脳では強烈なトラウマが残る可能性もあり、マインドコントロールと洗脳の双方とも、精神的な回復には
長い時間を要します。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ