そのほかの集団自殺事件

カルト集団の中で、マインドコントロールや洗脳の技術を用いて、信者を死に追いやる集団も過去に幾つか存在しました。

つまり、マインドコントロール・洗脳の技術を駆使すれば、人を死に追いやることも可能というわけです。

以下、世界的に有名になった、そのほかの集団自殺事件を挙げておきます。

ブランチ・ダヴィディアン

アメリカのカルト集団で、1934年頃に結成されました。

1990年にデヴィッド・コレシュが教祖になり、終末戦争に向けての準備が加速します。

武器を大量に不法所持し、そのことからFBIに強制捜査に入られますが、最後は教団建物に火を放ち、教祖を含む
81人が亡くなります。

太陽寺院

ヨーロッパのカルト集団で、リュック・ジュレが元所属していたフランスの宗教集団から独立し、スイスで自身の教団を
立ち上げます。

この集団も「終末」を意識することで死に向けて準備を加速化させ、1994年にスイスで信者53人が死亡、1995年に
フランスで信者16人死亡、そして1997年に、カナダで信者5人が、それぞれ自殺という形で死亡しています。

ウガンダ・終末教団

1980年代終わりに、元カトリック教会神父のジョセフ・キブウェテレが創設した教団です。

この教団は国から宗教法人の認可を受けていましたが、「終末論」の末に、2000年に教会の建物を爆破させ、
約500人が死亡したといわれています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ