MKウルトラ計画の概要

MKウルトラ計画とは、CIAが行った洗脳実験の総称で、1950年代前半から1970年代にかけて盛んに行われたとされています。

明確にその時期を特定できないのは、CIAがMKウルトラ関連の大半の資料を破棄してしまったためです。

しかし、その実験内容の全貌は、1975年辺りから関係者の証言などで徐々に明らかになります。

CIAが洗脳実験を行った目的の一つは、任務を忠実に実行する人材の確保です。

それはしばしば、「遠隔操作可能な暗殺ロボット」とも呼ばれます。

例えば、ある人物を洗脳し、その人物に暗殺を命じ、任務のみを遂行させます。

そして、ほかのことは忘れてもらうようにプログラミングをし、漏洩が許されない項目に関しては記憶を除去し、
命令に従うだけのロボット状態にします。

もし「暗殺ロボット」を生み出すことが可能なら、民間人の誰かを秘密裏に催眠術をかけて記憶喪失状態を作り、
暗殺を遂行させる、或いは諜報活動を行わせるも可能になるわけです。

この実験は、CIAが極秘で一般市民まで実験対象にしていきました。

多くの市民も巻き沿いにし、また多くの被害者を生み出し、アメリカの戦後最大の人災とまで呼ばれることになりました。

更にここで生み出された技術は悪用され続け、MKウルトラの技術を応用するカルト集団を多く輩出することになります。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ