カルト・破壊的カルト

「カルト」という言葉は、本来は宗教儀式的なことに用いられていた言葉で、決して「危険な集団」という
意味を持つ言葉ではありませんでした。

しかし、いつの頃からか、その言葉の意味は、宗教活動を謳っている、反社会的組織を指すようになりました。

また、「カルト」は主にアメリカで使われる言葉で、ヨーロッパでは、カルトのことを「セクト」(本来は
「派閥、教派、宗派」などの意)と呼び、特にフランスは、セクトに対する監視の目をひと際光らせている
ことで有名です。

そのフランスでは、下院によるセクトの定義づけが明確になされています。

・精神の不安定化
・法外な金銭要求
・住み慣れた環境からの断絶
・肉体的保全の損傷
・子供の囲い込み
・反社会的な言説
・公秩序のかく乱
・裁判沙汰の多さ
・従来の経済回路からの逸脱
・公権力への浸透の試み

(以上「ウィキペディア」参照)

カルトやセクトは、その攻撃性がより強度なものになると「破壊的カルト」と呼ばれるようになり、
この破壊的カルトは、世界中に多く存在します。

破壊的カルトとは、利益追求のためには手段を厭わない、様々な欺瞞を駆使して支配層を広げる集団のことです。

90年代の日本を震撼させたオウム真理教や、現在でも力を持つ統一教会やアメリカのSが、
この破壊的カルトに属するものと思われます。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ