RFK暗殺事件

CIAの「暗殺ロボット計画」は、果たして成功したのでしょうか?

この疑問と紐付けされてクローズアップされるのが、ロバート・F・ケネディ議員の暗殺事件です。

ケネディは、あるホテルでの演説のあと、食事の場所に移ろうとしていたところを狙撃され、死亡しました。

狙撃犯はすぐに拘束されましたが、その後、様々な疑問が沸いていきます。

容疑者は、パレスチナ系アメリカ人、サーハン・B・サーハンです。

彼は拳銃を持ってその場にいたところを逮捕されましたが、その後の調べの中で、「そのときの記憶が全くない」
と訴えました。

後に結成された弁護団のメンバーは、口を揃えて、「サーハンは狙撃犯ではない。彼はCIAによって洗脳され、
記憶を消され、暗殺に利用されたのだ」と主張しています。

例えば、彼が暗殺前に書いた日記に、「ケネディ死ね、ケネディ死ね・・・・」という言葉がひたすら書かれて
いましたが、これは洗脳によって書かされた自動手記であるといいます。

そのほかにも、様々な状況が彼の洗脳を受けた可能性を物語っており、また弁護団の医師が彼に催眠術をかけたところ、
簡単に催眠状態に入ったことから、「彼は以前にも催眠を受けた経験がある」という結論を出しました。

勿論、真相は籔の中で、現在でもサーハンは刑務所に拘束されています。

彼は洗脳実験に成功した、暗殺ロボットだったのか?
その可能性は、ゼロではない、といわれています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ