パトリシア・ハースト事件の概要

アメリカで「マインドコントロール」という言葉が生まれ、使われるようになったきっかけが、
この「パトリシア・ハースト事件」であるといわれています。

新聞社社長の令嬢であるパトリシアは、ある日、恋人と暮らしていた高級マンションから誘拐されます。

誘拐したのは、SLAというテロ組織です。

そして、誘拐が起きたその3日後に犯行声明が出され、「カリフォルニアの貧民6万人に、それぞれ70ドルずつの
食糧物資を供給せよ」という要求をしてきました。

70ドルの6万人分ですから、総額420万ドル分ということになります。

そしてその後、驚くべきことが起こります。

事件発生から3ヶ月以上過ぎたある日、SLAメンバーによる銀行強盗事件が発生しました。

その事件現場の監視カメラを解析してみると、なんと、人質であったはずのパトリシアが犯行に加わっているところが
映っていたのです。

パトリシアは誘拐事件のあと、信じられないことに、SLAのメンバーになっていました。

パトリシアはSLAでは「タニア」という名前を使い、「私はタニア・ハーストで、SLAのメンバーである」という
犯行声明を出しました。

パトリシアは誘拐されておよそ1年後に逮捕されますが、「人質保護」のはずが、最後はテロリストとして警察に
身柄を拘束されることになるとは、まさにびっくりです。

そして、この前代未聞の事件は、その後もずっと人々の心に残ることになりました。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ