希少性による優越感

私たちは日常生活の中で、些細なことも含めて頻繁に「優越感」を味わうことがあります。

例えば買い物好きの女性が、好きなブランドの「限定品」を手にしたら、「やったね」という気持ちになり、
優越感に浸るでしょう。

道で偶然有名タレントと会って話す機会があった場合、そのラッキーな経験は自慢話になるでしょう。

自分が特別な経験をした、希少価値の高いものを手に入れた、という気持ちは、何とも人を心地よくさせるものです。

この優越感を利用して、マインドコントロールをしようとする人たちがいます。

つまり、コントロールする側が、コントロールされようとする側に優越感を覚えさせるようにあれこれ仕込むのです。

例えば、ある自己啓発セミナーに、次回だけあなたの好きなタレントや、有名で権威ある人たちが来るとすれば、
ただセミナーに参加するよりお得な気がして、「なら参加してみてもいいなぁ」ということになる可能性があります。

しかも「今回に限り参加費用は無料」とでも言われたら、益々お得感があって、行きたくなるかもしれません。

コントロールする側は、相手に自分たちを信じ込ませるきっかけ作りに、こういう誰にでもある心理を利用します。

コントロールする側との付き合いが1回や2回、自分に不利益がかからないものであっても、その先の付き合いを
続ければ、確実に深みにはまって、抜けられなくなる状況が生まれます。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ