ホームオブハートの多くの訴訟、幼児虐待疑惑など -1-

ホームオブハートの施設に捜査が入ったのは、2004年のことです。

当時、脱会した元ホームオブハート会員から幼児虐待の告発があり、捜査をしたところ、栄養失調状態の子供一人を含む
5人が保護されました。

これに対して、「幼児虐待の事実は存在しない」という倉渕氏の支持者もいましたが、その後多くの証拠が見つかり、
動かし難い事実になっています。

この集団では、子供が泣くことは親への執着の強さを意味し、無理やり親と子を引き離し、子供に虐待まがいの教育を
行っていたようです。

そのほか、主に損害賠償での訴えが立て続けに起こり、いずれの脱会者も、「騙されて全財産を没収された」と主張、
この件に関しては、2010年4月にホームオブハート側が和解金を支払うことに同意しています。

弁護士の紀藤正樹氏は、「こちらの提示はほぼ全面的に受け入れられた」とし、ホームオブハート側は不戦敗を
したことになります。

2011年には、Toshi氏が新たに原告になり、ホームオブハート幹部らを訴えています。

ホームオブハートは、自己啓発と称してマインドコントロール・洗脳を行い、高額のものを無理やり売りつけ、
その集団の実態は、結局はカルト集団の典型です。

ただ、この集団の知名度アップには、Toshi氏が広告塔になっていた部分がかなり大きく、Toshiの影響で会員になった人が
多くいました。

その彼が、今度はホームオブハートを訴える側に回り、ホームオブハートは今、非常に深刻な状況下にあるものと思われます。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ