テート・ラビアンカ殺人事件の概要 3

テートやラビアンカ夫妻が殺されてから、一連の殺人事件首謀者のマンソンが殺人罪で逮捕されるまでに、
実はマンソンとその取り巻き=通称ファミリーのメンバーたちは、窃盗や麻薬の密売の常習犯として、
警察の手入れを何度も受けていました。

しかし、当初はファミリーのメンバーがテート=ラビアンカ事件の犯人であることを、警察は全く掴んでいませんでした。

そして、事件から1週間しか経っていない8月16日に、マンソンは警察の手入れにより、自動車窃盗罪と強盗罪で、
ほかのメンバーと共に逮捕されました。

しかしその後、証拠不十分で釈放されています。

マンソンとそのファミリーは、テート・ラビアンカ事件で証拠隠滅したことに相当の自信を持っていたようで、
マンソンは最後に逮捕された時も、すぐに釈放されると高をくくっていたようです。

しかし、マンソン最後の逮捕の際に同じく逮捕されたファミリーのスーザン・アトキンスが、拘置所で知り合った
囚人仲間にシャロン・テートを殺したことを衝動的に話してしまったことが発端で、芋づる式に真相が明らかにされました。

それまでに、警察も徐々にマンソンファミリーが事件に関与した証拠を積み上げていて、マンソンをはじめとする
ファミリーのメンバーが、殺人罪で起訴されることになったのです。

事件から約4カ月後の12月1日、警察は記者会見を開き、テート・ラビアンカ事件の解決を発表しています。

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト

サブリミナルブレイン

「サブリミナルブレイン」は、サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。
仕事中やネットサーフィン中でも、パソコンの前にいるだけで、ひたすら自分を洗脳し続けて、願望達成を目指すことができます。

実際にソフトを使用している動画も公開されているので、ぜひ参考に。

サブリミナルブレイン

定義と用語解説

マインドコントロールにかかる心理

具体的なマインドコントロール・洗脳の方法

マインドコントロール・洗脳されないためには

マインドコントロール・洗脳を解くには

マインドコントロール・洗脳事件簿

以下にご紹介するのは、世界で実際に起きたマインドコントロール・洗脳事件です。

MKウルトラ計画

パトリシア・ハースト事件

オウム真理教事件

統一教会

ホームオブハート事件

神世界事件

ライフスペース

テート・ラビアンカ殺人事件

集団自殺事件

このページの先頭へ