般若心経・金剛般若経 八

「舎利子(しやりし)。是諸法空相(ぜしよほうくうそう)。」

読み下し文

「舎利子よ、この諸法は空相にして、」

現代語訳

「シャーリプトラよ。この世においては、すべての存在するものには実体がないという特性がある。」

再び「実体がない」です。念を押すように般若心経では、初めに、「実体がない」という言葉が、手を変え品を変えて出てきます。つまり、仏教では、「ない」という事が基本なのです。「ある」ではありません。「ない」なのです。「実体がない」というこの言葉の重さは、存在論的に絶対的無が先立つのです。次に進みます。

「不生不滅(ふしようふめつ)。不垢不浄(ふくふじよう)。」

読み下し文

「生ぜず、滅せず、垢つかず、浄からず、」

現代語訳

「生じたということもなく、滅したということもなく、汚れたものでもなく、汚れを離れたものでなく、」

すべてが「不」なのです。「ない」に続いて「不」です。般若心経では、「ない」に続いて「不」により、この世の現象をことごとく否定してゆきます。全てが虚妄として。これは、現代に追いても大胆な考え方に思えます。初めに否定ありき。これが仏教なのではないではないでしょうか。ここまで、「存在」はことごとく否定されています。

This entry was posted in 仏教, 宗教, 般若心経 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です